読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RAGE日記

出雲から出雲のよさを発信できれば...

ブログ初心者のRAGEが神の国出雲から日本一の田舎島根のことを発信できればと願うブログ

最近頑張っている1つの習慣‼︎

どうも健康になりたい医療者RAGEです。

RAGEには最近意識して実践している習慣があります。

f:id:RAGE-kun:20160119213946j:image

白湯を飲む」です。

かなり前から話題にもなっているので知っている人ややっている人も多いのではないでしょうか?

ダイエットだとかデトックスに便秘解消といろいろな効果があると言われていますが、RAGEは低体温なので低体温対策にやっています。

白湯とは?

水を沸かして沸騰させた湯のことで単なるお湯のこと。

湯冷ましとも呼ばれ、沸騰させた湯を飲める温度まで下げた飲み物。

1度沸騰させたものなので水道水に含まれる不純物(カルキなど)がなくなり、口当たりが良いのが特徴的。

体が弱っている人や赤ちゃんなどが負担なく飲めるものとしての認識があるでしょうが、最近では健康や美容効果もあるとして話題となっています。

いったいどんな効果があるのでしょうか?


白湯の効果

●新陳代謝を高め、ダイエット効果
体温より温かい白湯を飲むことで内臓が温まり、内臓の血流が良くなります。
内臓の温度が1℃あがると免疫力が約5倍上がるうえ、基礎代謝も約12〜13%上がると言われています。
とはいえ一時的なものなので継続して基礎体温を上げることが大事です。

●内臓の疲労回復
内臓が温まるので、弱っていた内臓の動きも活発化します。
内臓が疲労すると腸などの機能が落ち、消化吸収する機能が落ちてしまいます。
内臓の疲労を回復させてあげるには温めてあげるのがいいそうです。

●老廃物を流すデトックス効果
普通の水と違い、身体に受け入れられやすい白湯ですから、どんどん飲むことができて利尿作用も高まります。
利尿作用により体内の老廃物が洗い流され、肝臓や腎臓の動きはさらに活発となります。
そうなると先ほど述べたように新陳代謝も高まりますし、尿を排出することによりむくみ解消にも繋がります。
また水分摂取により便秘も解消されやすくなります。
また、冷水でなく白湯を飲むことを勧めるのは消化管の内側には老廃物や油分がこびりついています。
油分なのでお湯では溶けて流れていきますが、冷水では固まり余計にこびりついてしまいます。
そのため冷水は体に機能的には働かないのです。

冷え性にも効果的
内臓が温まり、新陳代謝が上がることで体に熱が作られ体温が上がります。


白湯の作り方

  1. やかんに水を800〜1000ml入れ、沸騰させる。
  2. 沸騰したら蓋を取り、10〜15分ぐつぐつ沸騰させる。(空焚きには気をつけて‼︎)
  3. 飲める温度まで冷ましたらゆっくり飲みましょう。
一杯はコップに入れ、残りはポットなどの保温できるもので保温しておきましょう。

とはいえ、わざわざ15分も沸騰なんてできないよという方はまずは簡単に1度沸騰したお湯でもいいと思います。

まずはやってみることが大事です。


飲み方

1度に飲む量は100〜150ml程度にしておきましょう。

あまり飲むと体が対応できません。

人間の持つ腎臓の最大利尿速度は16ml/分であり、一気に多くの量を飲むと体内の水分過剰にもつながってしまいます。

飲むペースのおすすめは150mlを朝昼晩の食事中に3度、食間2〜3回飲めるといい。

1日の摂取量としては800mlが理想的なんだとか‼︎


まとめ

どうですか?

ちょっと真似てみたくなりましたか?

ちなみにRAGEは期待していた体温はまだそんなに変わらないのですが、利尿作用がよく、仕事中のトイレの回数が少し増えました‼︎

簡単にできると思うので是非是非やってみてください。
広告を非表示にする